sticker labelsを作る際のポイント【紙質も意識する】

記事一覧

用途に合わせて選択

色見本

印刷方法の選び方に関して

印刷方法には、オフセット印刷とデジタル印刷があります。stickerやlabelsを作成する際は、どちらを選べば良いのか、考える必要があります。オフセット印刷は、印刷物毎に版を作成し、巨大な機械を使用して印刷する方法です。こちらは、印刷業界で標準的な印刷方法です。オフセット印刷は、発色が綺麗で、印刷を繰り返し行っても品質が落ちないという長所があります。細かい模様やグラデーションも、鮮明に表現する事が可能です。また、様々な形や大きさに対応する事が可能ですので、stickerやlabelsだけでなく、ポスターを作成する際も、オフセット印刷で行われる事が多いです。こちらは、印刷物毎に版を作成しますので、印刷部数が少ない際は、費用が割高になります。しかし、印刷部数が多い際は、費用がお得になります。自転車用のstickerや商品のlabelsを多く作成する際は、こちらが適しています。デザインに凝った物を作成する際も、適しています。デジタル印刷は、版を作成する必要がありませんので、印刷物が早く手元に届きます。印刷を急いでいる際に利用すると良いでしょう。発色に関しては、オフセット印刷より劣ります。また、印刷部数が多くなると、品質が安定しないという短所があります。しかし、費用がとてもお手頃です。版を作成しませんので、印刷物毎にナンバリングをする事が可能です。イベントで使用する様なstickerやlabelsにおすすめです。stickerやlabelsを作成する際は、用途や費用に適した印刷方法を選ぶと良いです。仕上がりの美しさを重視するなら、オフセット印刷が適しています。

Copyright© 2018 sticker labelsを作る際のポイント【紙質も意識する】 All Rights Reserved.